一般産業機器、環境・福祉関連機器、健康関連商品 製造・販売: 極東興産株式会社
一般産業機器、環境・福祉関連機器、健康関連商品 製造・販売

極東興産株式会社
〒752-0927 山口県下関市長府扇町8-10
TEL 083-248-4711 FAX 083-248-4716
 

鶏糞肥料化

ホーム
採用情報
会社概要
企業理念
営業種目
製品情報
アスベスト
入浴介護
鶏糞肥料化
一般機器及び熱絶縁工事
アクセス
お問い合わせ
 

鶏糞肥料化の安定供給と対策

 家畜糞の中では最も肥料成分が多く、緩効性の化学肥料と類似した効果が得られます。これは、糞と尿が混合しているからです。

 特に、石灰、窒素が多く含まれています。窒素の形態は、ほとんど尿酸態であり、アンモニア性窒素は少量です。この尿酸は水に溶けにくいため、鶏糞を乾燥しても窒素の損失は少なくなっています。 多くの窒素を含む生鶏糞を土壌に入れた場合、鶏糞中の有機物が土壌中で急速に分解して大量のアンモニアを発生させ植物の根をいためます。

 この為、肥料化において発酵処理は不可欠なものです。発酵処理された鶏糞は、窒素分はアンモニアガスとして分解、排出され、もしくは硝酸、亜硝酸に分解され植物に利用されます。

 又、発酵熱によりその含水率は30%前後まで乾燥されます。肥料の多くは袋詰めされて出荷されます。その為にはどうしても水分率25%前後まで落とさなければならず、別設乾燥システムが必要となります。

 特に外気が飽和水蒸気状態となりやすい梅雨、冬季、降雨時には再乾燥が要求されます。未乾燥の鶏糞を袋詰めすると有機物の分解が進みモドリ現象が起こり肥料が柔らかくなり、又、カビ゙が発生したりするため、商品の価値が損なわれる事となります。このことを鑑みて、この度効果的な乾燥システムを開発いたしました。
 

鶏糞処理工程説明

1)   生鶏糞が醗酵工程に仕込まれる。
   
               
2)   生鶏糞は攪拌機により通気性が向上し、醗酵が進み逐次乾燥工程に進む。
                    
3)   所定の日数経過後、原料鶏糞切り出しタンクに仕込まれる。
                   
4)   鶏糞はコンベアにて振動篩に送られて、異物、大塊鶏糞がはねられる。
                   
5)   篩別された鶏糞は水分多の場合、乾燥用切り出しタンクに仕込まれる。
                     (水分少の場合は、直接振動篩に送られる。)
6)   鶏糞は切り出しタンクより逐次一定量乾燥コンベアに送られ乾燥される。
                   
7)   乾燥した鶏糞はコンベアにて振動篩に送られる。
                   
8)   鶏糞は振動篩にて所定の粒径に分級されて所定のタンクにストックされる。
                   
9)   篩別された鶏糞はコンベアにて袋詰機に送られ袋詰される。
                   
10)   篩別細粒は主にペレタイザーにてペレット化され袋詰機に送られ袋詰される。
   
               
11)   各粒径毎に袋詰された鶏糞は商品として出荷される。


実用新案登録証 

・登録第3111005号
・考案の名称 TITLE OF THE DEVICE


畜糞の仕上げ乾燥設備

・実用新案権者 OWNER OF THE UTILITY MODEL RIGHT

山口県下関市長府扇町8-10 極東興産株式会社




多目的乾燥機概略フロー図

フロー図詳細
多目的乾燥機概略フロー図
※画像をクリックすると拡大表示されます。



タンク、コンベヤ、篩別機
乾燥コンベア

タンク、コンベヤ、篩別機
Tank,conveyer,vibro screen

乾燥コンベア
Conveyer for drying


 乾燥コンベア本体使用(例)

 処理量
 Quantity of processing
 100s/H
 水分量(%)
 Water (%)
 初期水分量33%→乾燥後水分量25%
 Eary stage water(%) after drying Water(%)
 動力
 Power
 4Kw
 外形寸法
 External form dimensions
 W=1600mm L=5500mm H=1700mm



 乾燥対象物




粒状肥料
Granular manure

粒状飼料
Granular feed
粒状食品
Granular food
粒状薬品及びその他
Granular medicine andother



乾燥機

詳細説明   

乾燥機
 ※画像をクリックすると拡大表示されます。



概要

 被乾燥物は厚み(W)、幅(L)にてコンベアネット上を所定の速度で移動します。図のごとく熱風ファンより送られた低湿度熱風は熱風フードに送られネット及び被乾燥物中を貫流します。この時熱風が水分を効果的に蒸発させます。熱風は除湿機にて除湿された空気を焼く80℃加熱したもので非常に低湿度です。乾燥物は、低温乾燥されるので成分の変性が少なく安定製品が連続的に生産できます。

Dried thing moves at predetermined speed over a conveyer in the thichness W,width L.hot air of the low humidity sent with blower for hot air like a figure flows through it in an entering and mesh belt and a driedthing to a hot air hood. hot air then vaporizes liquid effectiviely. hot air dehumidifies outside air by a dehumidifier,and it is the humidity to be very low because it heated to 80℃ by the next process. because it is dried with low temperature, there is a little deneturation of an ingredient and can produce stable products continually.



乾燥機の特徴 

1) 低湿度温風による低温度乾燥のため熱変性が少なく栄養分を逃しません。
Because it is drying by hot air of the low humidity, there is not denaturation of an ingredient and does not miss nutrition.
2) 排気及び熱風ファンにより乾燥室内が安定し貫流乾燥が理想的に推移します。
A drying room is stable, and drying is done ideally to install blower for exhaust and blower for supply, two of them.
3) メッシュベルトの高速空気逆先機構により目塞がりがなく安定運用ができます。
There is not confinement of a mesh belt and can manage it for stability to wash a meshbelt by highspeed air.
4) メッシュベルト上での貫流乾燥の為、被乾燥物は静的に移送され、乾燥物の摩滅はありません。
A dried thing is transferred calmly, and abrasion of a dried thing, a crush are not be flowing through drying on a meshbelt.
5) 温風フードへの落下物排出機構、被乾燥物の切返し機構等も具備できます。
Of a falling object to a hood for heatair take it out automatically, and can plan mechanism to beat of a thing dried again.



 

Copyright © KYOKUTOH KOUSAN Corporation. All rights reserved.