一般産業機器、環境・福祉関連機器、健康関連商品 製造・販売: 極東興産株式会社
一般産業機器、環境・福祉関連機器、健康関連商品 製造・販売

極東興産株式会社
〒752-0927 山口県下関市長府扇町8-10
TEL 083-248-4711 FAX 083-248-4716
 

アスベスト

ホーム
採用情報
会社概要
企業理念
営業種目
製品情報
アスベスト
入浴介護
鶏糞肥料化
一般機器及び熱絶縁工事
アクセス
お問い合わせ
 

アスベスト

 アスベスト処理システムの流れ


0.飛散性アスベスト処理システムの基本的な考え方
  アスベスト処理システムを実施する場合は、既存アスベスト材の調査・診断に基づき、処理工法を選択し、処理工事およびリフォーム工事まで一貫したアスベスト処理技術をもって行います。
 なお、弊社が行うアスベスト処理工事については、以下の事項を大前提とし、充分留意し、工事実施にあたります。

1)アスベスト処理工事に伴いがちな大気汚染の防止
   ・養生、負圧、除塵
 
2)作業者の安全を守る
   ・防護マスク、防護服など
 
3)建築物使用者の安全確保
   ・適切なアスベスト処理
 
4)廃アスベストの適切な産業廃棄物処理
   ・都道府県知事の許可を受けている業者(熊本県処理業者と契約済)  

  アスベスト処理事業については、万全を期して対策を立て、時流に流されることなく的確な処理を依頼します。


1.事前調査・分析
 弊社のアスベスト処理は、飛散性(friable:比較的もろくて砕け易い)な既存アスベスト含有製品について充分な事前調査を行い、総合的に判断し行うことを基本原則としています。特にアスベストの含有・無については注意が必要です。

1)顧客の要求による現地調査
専門的立場で対応

2)アスベストの定性・定量分析
X線回折

3)アスベスト含有製品の老朽度診断
目視等で判断する

4)吹付けアスベストの付着力テスト
プッシュプルで引張り、20kg/cu以上は良好

5)アスベスト含有吹きけ材の状態調査

6)施工順位の判定

7)施工方法の選定
a. 除去
・・・
b. 封じ込め
・・・
c. カバーリング
・・・

8)除去後のリフォーム材および工法の選定
  
9)廃アスベスト等の産業廃棄物処理

都道府県知事の許可を受けている
特別管理産業廃棄物収集運搬業者、処分業者

 <調査内容>

◆ 設計図書確認
   ・年代からアスベスト含有・無の判断
   ・施工部位
 
◆ 現地立入調査
   ・目視による状態確認
   ・目視によるアスベストの種類の確認
   ・サンプル採取

◆ アスベストの分析
   ・目視、光学顕微鏡、電子顕微鏡、X線回折
    定性/クロソタイル、アモサイト、クロシドライト
    定量/パーセント 

◆ 環境状態測定
   ・アスベスト粉塵濃度測定(日本石綿協会法等)


2.アスベスト処理システム

処理システム1: アスベスト除去処理


レベル1対応、全機器を所有  
 ・特定化学物質等作業主任技術者技能講習修了者 7名
・作業員  25名

●工法
1) 作業エリアの隔離養生
アスベストによる大気汚染防止と負圧に耐えられるような養生を行う。

2) 仮設足場の設置

3) セキュリティーゾーンの設置
更衣施設、洗身施設、装備室、準汚染区域を設け、アスベスト粉塵を外部と遮断し、作業員の呼吸用保護具、保護衣等に付着しているアスベスト粉塵を除去する装置を設ける。
 
4) 負圧・除塵装置の設置

5) その他、装備、資機材の配置

6) 除去作業

7) 除去後の残存アスベスト繊維の処理
除去面にプロテクターシーラントをスプレーする
     
8) 除去後のエリア内空気洗浄

9) 養生および足場の解体

10)廃アスベストの産業廃棄物処理
二重プラスチック袋に密封したもの、または必要に応じセメント化したものを都道府県知事の許可を得た産業廃棄物業者に引き渡す。


●作業手順 
・床・壁面の養生
・足場の仮設
・セキュリティーゾーンの設置
・負圧・除塵装置の設置
・エアレスポンプの設置
・その他養生
・プロテクターシーラント(飛散抑制剤)吹付け(10倍希釈液)
・吹付けアスベストの除去
・廃アスベストの処理
・除去面にプロテクターシーラント(飛散抑制剤)吹付け
・壁面等養生シートの撒去
・足場の解体・清掃後場外運搬
・床養生シートの撒去
・養生シート等廃棄物搬出
・清掃

必要に応じ、作業環境アスベスト粉塵濃度測定および廃アスベストのセメント固化を実施する。

 

処理システム2: アスベスト封じ込め処理
 

●工法
1)封じ込め作業
アスベストの種類、厚み、嵩密度、付着強度等、事前調査の結果に基づき処理剤の浸透量を決定するテストを行う。下地界面まで処理剤を浸透させ、アスベストを封じ込める。表面固化剤F/#32-32で表面固化する仕上げ工法(ハイブリッド工法)もある。
 
2)養生仮設足場の解体
プラスチックシート養生を取り外し、ビニール袋に詰め、密封する。足場を撤去する。

3)産業廃棄物処理
養生プラスチック等、二重ビニール袋に詰め、都道府県知事から”廃石綿等”の特別管理産業廃棄物の許可を受けている業者に引き渡す。

4)清掃
HEPAフィルター付き真空掃除機やモップ等で清掃する。


●作業手順 
・床・壁面の養生
・足場の仮設
・更衣施設の設置(必要に応じセキュリティーゾーンの設置)
・負圧・除塵装置の設置
・エアレスポンプの設置
・その他養生
・既存吹付けアスベストの損傷部分の補修
・浸透剤プロテクターシーラントのテスト吹き(浸透必要量を決定する。)
・プロテクターシーラントの吹付け
・表面固化剤の吹付け(必要に応じ:ブリッジングエンカプスラント F/#32-32)
・養生面にプロテクターシーラント吹付け
・壁面等養生シートの撒去
・設備機器・足場等の搬出
・床養生シートの撒去
・養生シート等廃棄物搬出
・清掃

 

処理システム3: カバーリング処理

●工法
 吹付けアスベストの表面に直接カバーリング材を取り付けたり、吊りボルト等で下地材を介してカバーリング材を取り付ける際に、アスベスト繊維の発塵が激しい場合には、隔離養生、防塵マスクを使用し、防護処置等をして作業を行う。

カバーリング材の種類

  a. ボード類(不燃材)
   ニューラックス、石膏ボード、アルミ板、鉄板等

  b. フェルト類(不燃材、吸音材)
   ガラスクロス巻きロックウール、スーパーフェルトン、グラスウール等

  c. シート類(化粧材)
   その他、必要に応じた材料を選定する。


●作業手順 
・打合せ決定事項に基づき資材の準備・調達・搬入
・床・壁の養生(養生シート1枚)
・足場の仮設
・更衣施設の設置
・必要に応じ、保護衣、防塵マスク等着用/負圧・除塵装置を使用
・プロテクターシーラント(飛散防止抑制剤)使用の場合、使用機材の設置
・その他養生
・既存吹付けアスベストの損傷部分の補修
・カバーリング材の取付け
・清掃
・検査
・壁面養生シートの撒去
・足場の解体・使用機材の場外搬出
・清掃

吹きつけアスベストの劣化、損傷の度合いにより、手順を省略する場合もある。


 実績
1) 保安庁 各船
2) 中国電力(株)
3) 林兼産業(株)
4) 山口県立各学校
5) ブリヂストン下関工場

ちくぜん機関場 海上保安庁 「せきうん」 アスベスト除去処理

※画像をクリックすると拡大表示されます。



 

Copyright © KYOKUTOH KOUSAN Corporation. All rights reserved.